債務整理、過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産

必見リンク集5

自分の借金における過払い請求の時効を知る

実は過払い請求の時効は10年と長いのですが、長いからこそ後回しにしてしまい、その間に忘れてしまう事もあります。ですので、まず自分がこれまでに借金をした事があれば、その借金の過払い請求の時効はいつなのか日付を具体的にしてみてはどうでしょうか。

過払い請求の時効は10年として覚えておくより、何月何日までに手続きをしないといけないとなればより現実味があると思います。過払い請求の時効は長いので、また今後という風になりがちですが、時効までに無事に過払い請求をするために、後回しにしないですぐに取り掛かるといいかもしれませんね。何か自分で忘れないための工夫をするといいかもしれませんね。

過払い請求は弁護士と相談をしてください

多額の借金で困っている方の為に、過払い請求があります。この請求を行うと、払いすぎた利息を返してもらうことが出来ます。返ってきた利息は借金の元本返済に充てることが出来るので、借金の大幅な減額をすることが出来ます。

請求中は、全ての借金の支払いをストップさせることが出来ますし、金融機関からの執拗な取り立てもストップさせることが出来ます。弁護士を利用することで、いろいろな手段を使い、借金の返済プランを立てることが出来るので、多額の借金でどうしようも無くなった場合は、すぐに弁護士に相談をして、対策を取るようにしましょう。

過払い請求の可能性があるなら弁護士に相談を

過払い請求は、借金や債務の一種と考えられることがありますがそれは間違いです。実際は、返済してしまった借金に対しておこないます。借金をしていた時に、法律の狭間にあり余計に払わされたものなので、請求することが可能です。

契約書、明細書がなくても、弁護士に相談してみるといいでしょう。借金額や期間にもよりますが、40万円返還された例もあり、請求できるならした方が得です。また手続きは手間がかかるので、慣れていないと大変苦労します。費用がかかりますが、代行してもらうと楽です。依頼前には、見積もりを出してもらい料金体系が明確か確かめておくことが重要です。

過払い請求をすべきかどうかまず弁護士に相談

基本的に返済が完了した人は過払い請求をした方がいいと言われていますが、これと別の話になってくるのが現在進行形で返済を続けている人です。なぜこちらが別になってくるのかといいますと、返済中の過払い請求は債務整理にあたるためです。

債務整理をするというのはなにかした生活においてデメリットが発生することになります。どういったデメリットが生じるのかということに関しては主に任意整理と同じです。まずクレジットカードの作成が不可、また分割払いも不可になります。つまりは信頼情報に載ってしまうということになります。そのため本当に請求した方がいいのか弁護士に相談することをお勧めします

債務整理や過払い請求なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

過払い請求関連

債務整理、過払い請求の内容に正しくない内容があるかもしれません。

参考程度でご利用ください。債務整理、過払い請求はお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士を大阪、東京、千葉などで探すならあなたにあった弁護士、司法書士がいます。