債務整理、過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産

重要リンク集7

女性の取得者も多い司法書士

女性は結婚して子供ができると、以前の様に会社でフルタイムの仕事をするという事が難しいと感じる人も多い様ですね。しかし、収入を得るために仕事をしたいという人もいます。

司法書士の資格を持っていると会社でフルタイムの仕事をする事はもちろん可能ですが、自分で開業する事もできます。自宅で仕事を続けていくという事もできるでしょう。

また、ブランクがあっても資格があると復帰しやすいのではないかと考える人もいる様ですね。

司法書士の資格というのは、男性だけではなくて女性の取得者も多い様ですね。働き方を選択できる資格というのは女性の間でも人気がある様ですね。

結婚しても続けられる仕事は魅力を感じますね。

司法書士のクレーム回避の方法

最近では様々な業界でも「クレーマー」というものが存在して、司法書士業界もその例外ではありません。様々な理由をつけてクレームを言ってくる依頼者というものが必ずどこにでもいます。

では、そうしたクレームを回避するためにはどうすればいいのか?といえば一番の解決策は「契約書」を作成しておくことです。

そんなことか、と思われた方も多いかもしれませんが、それが一番効果的な方法です。

司法書士という法律の専門家として、きちんとした契約書を作り業務のやり方、報酬の支払い方などを細かく決めた契約書を作成しそれに署名捺印をしてもらえば、多くの場合クレームを回避することができます。
簡単なことですが、とても重要なことです。

司法書士として更にスキルアップ

難しい資格試験の一つに数えられる司法書士は、ただ資格を取る事さえできればそれですべてだという事でもありません。資格を取った後もさらにスキルアップを目指して勉強を続けていかないといけない事も多い様です。

特に最近になって司法書士は借金問題を扱う事もあります。

借金に関する問題を解決するには自ら金融機関と交渉してなるべくいい結果になる様に、話をする必要があります。そのため、交渉する能力や実務の経験などは資格を取る時には問われる事はありませんが、実際の仕事となると必要になるものもあります。

いろんな案件に対応する事ができ、より良い結果が出せる様に頑張りたいですね。

弁護士と司法書士の借金相談の違い

借金の問題を債務整理で解決する事は、テレビのコマーシャルや雑誌の広告などで見かけますので、人によっては知っていることかと思います。この債務整理についは弁護士ができることが知られていますが、実は司法書士も債務整理を一部できるようになっています。

司法書士に関しは一件あたり140万円以内で、訴訟のとなった場合には第一審までの場合には受けることができます。そうしたことを理解した上で弁護士か司法書士どちらに相談をおこなうか、決めていくようにしましょう。法律事務所によっては双方が所属しているケースもあります。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

司法書士関連

債務整理、過払い請求の内容に正しくない内容があるかもしれません。

参考程度でご利用ください。債務整理、過払い請求はお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士を大阪、東京、千葉などで探すならあなたにあった弁護士、司法書士がいます。