債務整理、過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産

ホーム

厳しい生活に苦しむ人々

2000年代に入って、借金をする人がかなり増えているというデータもある様です。また、ニュースを見ていると生活保護を受給している人も増えているという事を聞いた事があります。

それらは、生活するのに金銭的な余裕がない人が多いという事ではないでしょうか。また、どうしても生活が大変だという人の中には借金に手を出してしまう人も少なくありません。

しかし、思っていた様に返済する事ができなくて、更に別の金融機関を頼る人もいる様です。

違法な利子で貸し出しを行っているヤミ金などと呼ばれる消費者金融にまで手を出してしまう人もいます。その様な状況になれば、もはや自分だけでは解決するのがかなり困難となってしまうケースも少なくありません。

最終手段として、法的に解決するという手段があります。

借金を利用して生活する

更にやっかいなのか、家族にも秘密にしているというケースです。

債務整理の手続きを行うと、自宅に電話がかかってきたり、また金融機関や裁判所などから郵送物が届き家族に見られてしまうのではないか、と心配になってなかなか司法書士の元を訪れる事ができないでいる人もいる様です。

最近では、その様な人が多く家族に知られないで手続きを行う事ができる様に配慮してくれる事も多い様です。

借金を返済するお金もないのに司法書士に支払う費用などない、と相談を躊躇う人が多い様です。借金問題に関しては、他の案件とは違い特別に料金体系が異なる事もあります。

問題が落ち着いてから分割して支払える制度を採用している事もあります。できるだけ、問題を後回しする事なく根本的に解決したいですね。

司法書士に依頼して免責決定を得る方法

司法書士は、自己破産の申し立ての代理人となることができません。そのため、免責決定を得て債務をゼロにするためには、弁護士に依頼する必要があります。ただし、書類の作成はしてもらえるので、自分で手続きをするのであれば可能です。

弁護士に依頼するよりも司法書士に依頼するのは安くなりますが、それは代理を品からであって、手厚いサポートを望むのであれば向いていません。過払いの場合は、認定を受けた人ならば140万円以下の債務については扱うことができるため、過払いを考えている方は司法書士に借金相談をするのも選択肢としてはありです。

消費者金融の借金について司法書士に相談する利点

司法書士は、140万円以下の簡易裁判所で扱えるものを対象とした法律相談や、代理行為をすることが可能です。弁護士ではなく司法書士を利用することのメリットは、費用が安いという点です。

ただし、能力的には個人差が大きいため、借金相談や過払いについて相談する際には評判をしっかりと確認しましょう。消費者金融の借金がそこまで大きくはないけど返せないという方には、コストを抑えられる点で適しています。ただし、自己破産の場合は、書類を作成することしかできませんので、申し立てなどの手続きは自分で行わなくてはなりません。

過払いの可能性があるなら弁護士に相談しよう

過払いが発生している可能性がある方は、弁護士に相談しましょう。発生しているかどうか、発生しているとしてどれくらいかなどを、具体的に計算してもらうことができます。もし過払いが発生していることが判明したとしても、最後の取引から10年が経過すれば時効により過払い請求権は消滅します。

したがって、現在取引を続けている人は良いのですが、そうではない人は権利が消滅してしまう可能性があるため、早めに行動に移す必要があります。過払い請求は、これをメインに扱う法律事務所を活用したほうが、確実に仕事をこなしてもらえるのでおすすめです。

生活を守るために債務整理を司法書士に依頼しよう! http://www.gacphotos.com/

過払いがあると感じたら司法書士に連絡を!

会社設立は司法書士に依頼しましょう。借金問題だけでなく、相続、不動産の登記など。